早く治してしまった方がいいので治療をきちんと考えていく

どういった治療方法があるのか

包茎の治療方法は着る方法と切らない方法があります。しかしどちらかを選ぶ事は患者側に出来るわけではありません。その状態に合った治療方法を医者が決定していく事になります。もちろん切らないで出来るぐらい軽い症状であれば、両方の利点や欠点をきちんと説明してもらって選択していくのがいい方法ですね。もちろん事前にきちんと説明してくれますからそんなに心配する必要はありません。病院を選ぶ場合は沢山の患者の手術を行っている技術力の高い病院で行うようにした方がいいですよ。そんなに難しい手術ではありませんが、やはり手術なので出来るだけリスクを減らす事が大事ですから。

手術も納得して選んでね

いくつかある手術方法はメリットやデメリットがそれぞれあります。大事なのはきちんとリスク部分を理解して納得して決めることです。亀頭の下の部分に切り込みを入れる方式であれば傷口が目立ちにくく手術をした事がばれにくくなります。注意しなければいけない部分は手術が難しいという事です。ですから病院や医者は慎重に選んでいく事が大事です。未熟な医師では痛みや出血のリスクが高くなりますので本当に重要なポイントです。

術後はきちんと医者の指示を守る事

手術後は包帯をして何も出来ない時期が何日かあります。3日ぐらいはその状態が続きます。そこからは包帯を外して消毒をして巻くという日が2週間ぐらい続きます。この日にちも個人差がありますから医者の指示を守っていく事が大事です。2週間ぐらいすれば防水措置をすればシャワーも可能になってきます。3週間目には入浴も可能になってきます。この辺からお風呂は問題がなくなってきますが、性行為はまだ早いので注意が必要になってきます。

包茎とはペニスの先の鬼頭部分が陰茎部から伸びる皮で包まれている状態をいいます。通常成長するとむけていきますが、そうならない人もいます。